住宅ローンの審査のチェックポイントとは?

新築を購入したいと思っても、住宅ローンを組んでもらわない事には何も始まりません。
そこで今回は金融業者の審査時のポイントをチェックしていきましょう。
審査内容は一般公開されていませんが、大体の目安はついています。
そのポイントが以下の4点です。
まず初めは返済負担率です。
これは年間返済額÷年収で求められ、各銀行が20%から40%の間にボーダーを置いています。
このラインを上回るとその人の返済が困難と判断されるため、知っておいた方が良いでしょう。
次に年齢が挙げられます。
やはり歳を取ると返済が厳しくなるため、借りるならなるべく若い内の方が有利です。
また勤務年数も審査時のポイントとなります。
勤務年数だけが全てではないので、転職をした人でもまずはシミュレーションや仮審査から始めてみる事をお勧めします。
そして最後のポイントが担保評価です。
ただし担保評価=物件購入価格となるわけではないので、あくまでポイントの一つとして見ておきましょう。
これらのポイントが審査時に総合的に判断されます。
少しでも見直せるポイントがあれば、住宅ローンを組む前に改善しておくと良いでしょう。