金融緩和と住宅ローン金利の関係とは?

金融緩和というのはご存知安倍首相が、アベノミクスとして行った政策のひとつです。
どのようなものかというと、日本銀行が世に出回るお金を増やす、というものでした。
つまり日銀が民間の銀行に貸し出す金利を下げ、国債を買い取る量を増やすといったことなどです。
これにより日銀が国債を買い取り、出回る国債の量は減る。
そして国債の価格が上がり利回りが悪くなることによって、金利は下がっていくという目論見だったのですが、それを先読みした民間の金融機関が国債を売ってしまおうとしたのです。
このことで国債は市中に出回ることとなり、国債の価格が下がる、そして利回りは上がり金利も高くなる結果となってしまったのです。
住宅ローン金利がアベノミクスによって高くなってしまった、ということの背景にはこのようなことが隠されていたのです。
住宅ローンを金利一覧で比較!2017年は金利が上がる?【フラット35】