サプリメントで関節痛を解消できる?

関節痛の最大要因としては、関節炎の発症が挙げられます。
結合組織を構成している成分のひとつにグルコサミンがあります。
本来、グルコサミンは、体内で合成が行なわれるのですが、加齢とともに合成能力が低下し、不足するケースが多いようです。
グルコサミンが不足するとやがては軟骨が減少し、関節痛を発症するリスクが高まります。
ただし、食品中のグルコサミンはごく少量であるうえ、体外に排出されやすいので、サプリメントの利用をおすすめします。
慢性的にカルシウムが不足すると骨の強度が低下し、関節痛や骨粗しょう症を発症する危険性があります。
いずれも骨の代謝を促進する作用があり、高齢者に起こりがちな骨の密度低下を防止します。