住宅ローンの借り換えをする注意点は何?

住宅ローンの借り換えをする際の注意点は、借換をすると数十万円の費用がかかることです。
ローンの借換をするために必要な費用の一つには、借換先の金融機関に支払う融資の手数料があります。
この手数料は新規にローンを借り入れる場合と同じ金額で、金融機関によってまちまちです。
ローンの抵当権の登記に関連する費用も借り換えのときにかかります。
抵当権の登記関連の費用では、借り入れ元の金融機関には抵当権を抹消するための費用と、借換先の金融機関に新たな抵当権を設定するための費用がそれぞれかかります。
これらの費用は、登録免許税と専門家に支払う報酬などで十数万円程度となっています。
また、ローンの借換をするときには、保証料と保険料も必要となります。
保証料は返済が滞ってしまったときに備えて保証会社に支払うもので、借入額と借り入れ期間によって支払う金額が違ってきます。
また、保険料はローンを返済している人の死亡に備えて団体信用生命保険に支払うものですが、これはローンの金利に含まれていることが大半であるため、あえて支払う必要がないことも多いです。
住宅ローン借り換えの手数料と諸費用の相場はいくら?